親の代わりをしていた

親の代わりをしていた 子供が親の代わりに、兄弟の面倒を見たり、仕事や家事を行う事が多かった家庭のケースです。

子供らしい時間を過ごす事が少なかった場合、責任感が強すぎる性格になったり、子供らしい感受性が正常に育たないことがあります。
頼られることが自分の存在意義だと思い、共依存的な行動をとる傾向にあります。
また、人に頼ることが苦手で、多少無理をしても自分で物事を解決しようとします。

親に対して、尊敬する気持ちが薄れますので、大人に対して寛容さが乏しくなります。
「大人のクセに」などと子供の頃から考える傾向が生まれます。

親がやっている事が出来るようになってくると、同年代の子供が幼稚に見え、子供らしい人間関係を形成しにくい性格になります。

アダルトチルドレンのケースとしては下記の様なタイプになる可能性があります。
プラケーター…苦しんでいる人を見ると慰めてあげたくなるというタイプ。
イネイブラー…親気質で、世話好きなタイプ。
プリンス…自分の意思とは違っても、周りが正しいと言うとおりの行動をとるタイプです。

お勧めサイト

アダルトチルドレン克服アダルトチルドレンを克服したい方へ
« 戻る

アダルトチルドレンとは

アダルトチルドレンの原因

アダルトチルドレン特徴

アダルトチルドレン回復方法

アダルトチルドレンの実例