過保護に育てられた

過保護に育てられた 甘やかされていたり、身の回りの世話を全て親任せだったケースです。
親の引いたレールに乗ることも多いので、大人になっても自分の判断で行動できない事があります。
また、何かをしてくれる事が愛情だと感じるので、自分を見てくれないと不安になる傾向もあります。

何か失敗をすると立ち直るまでに時間がかかり、自分を見失う事もあります。
責任感が育ちにくいので、自発的に何かを達成しようという意欲も少なくなります。

過保護の延長線上で過干渉になることもあります。
親が子離れできない状態でいると、子供の親に対する価値観が正常に発達しなくなり、親以外の大人に対しての接し方にも問題が起こることがあります。

また、子供が親や家族に対しての暴力や虐待を働くケースもあります。
優しさが育たず、「過保護に育てられたのが自分をこの性格にした」と思い、憎しみを持ってしまうのです。

アダルトチルドレンのケースとしては下記の様なタイプになる可能性があります。
ロンリー…自分の殻に閉じこもり、他者を寄せ付けないタイプ。
ロストワン…おとなしく、あまり自己表現をしないタイプです。
プリンス…自分の意思とは違っても、周りが正しいと言うとおりの行動をとるタイプです。

お勧めサイト

アダルトチルドレン克服アダルトチルドレンを克服したい方へ
« 戻る

アダルトチルドレンとは

アダルトチルドレンの原因

アダルトチルドレン特徴

アダルトチルドレン回復方法

アダルトチルドレンの実例