過去に捉われない

過去に捉われない アダルトチルドレンの方に見られる傾向として、過去に強く捉われている場合が多くあります。
過去に捉われるというのは、良い過去も悪い過去も含みます。

「あの頃は良かった。今はなぜこんなに苦しいんだろう。あの頃に戻りたい。」、
「あの時は失敗だった。また同じ失敗をするのは恐い。このことには関わらないでおこう。」など、
過去を思い出して、今現在が進めていないケースが、捉われている状態です。

過去の記憶を元に、自分を良い方向に改善していくことが望ましいのですが、なかなか勇気がいる行為だと思います。
現在の悩み自体よりも、過去に重きを置く事はよくありません。
未来を考えるのならば、過去は過去として未来に繋げていかなかれば、過去が無駄になってしまいます。

また、アダルトチルドレンの方は、反射的に過去に捉われる考え方をしてしまいます。
これは、意識的に変えていかなければ何時までも過去に捉われてしまいます。

過去を活かし、未来に繋げる思考をするように、意識をしていく事が大事だという事です。

お勧めサイト

アダルトチルドレン克服アダルトチルドレンを克服したい方へ
« 戻る

アダルトチルドレンとは

アダルトチルドレンの原因

アダルトチルドレン特徴

アダルトチルドレン回復方法

アダルトチルドレンの実例