自分を客観的に評価する

自分を客観的に評価する アダルトチルドレンの方に多くみられるのが、自分への過小評価、過大評価の偏りです。
自分を客観的に評価する事は難しいことです。
第三者がどのように考えているかを思考しなければならないからです。
これには、数多くの経験と、相手を理解する事が不可欠です。

自分に過小評価をする方は、自尊心が低く、自信を持ちにくい性格です。
自己表現がしづらくなるので、生き辛さを感じてしまいます。

自分に過大評価をする方は、周りが見えなくなってしまい、周囲とのギャップが生じてしまいます。
それにより、人間関係に支障をきたし、生き辛さを感じてしまいます。

どちらも、「自分が思っている自分」と「現実の自分」とに大きな差分が生じている状態で、自己同一性が欠如しています。
自己同一性が欠如すると、周りの人間とのギャップが発生します。
自己評価が低い人には、怠けていると評し、自己評価が高すぎる人にはうぬぼれていると評されるのです。
そのように周りから評されることによって本人は生き辛さを感じてしまいます。

自分を正しく評価するという事は、自信につながると同時に周りの人間にも目を配れるようになるということです。
これは、良い対人関係を築くには、大変重要な要素となります。
正しい自己評価をするには、他人からの正確な評価と、自分と他人を正確に比べる事が必要です。
そのためには、多くのコミュニケーションをはかる努力が一番の近道です。

お勧めサイト

アダルトチルドレン克服アダルトチルドレンを克服したい方へ
« 戻る

アダルトチルドレンとは

アダルトチルドレンの原因

アダルトチルドレン特徴

アダルトチルドレン回復方法

アダルトチルドレンの実例