思い込みをなくす

思い込みをなくす 思い込みとは自分では気付かないものです。
気付いていれば思い込みではないですね。

自分の考えの偏りが、自分で決め付けてしまった物を根拠にしている場合は、思い込みになってしまいます。
例えば、
「自分はもっと出来なければいけない」
などの決め付けから、自然と思考をしている場合がそうです。
出来るのが当たり前だと、思い込みで頑張ってしまう傾向がアダルトチルドレンに当てはまります。
このケースは、客観的にみて身の丈にあっている場合は良いのですが、過大な目標にも関わらず頑張り、出来なかった時に、必要以上に自分を酷評してしまう場合だと問題があります。
客観的に見れば、出来なくても当たり前のことを、出来て当たり前と思い込んでいるのです。
これは、物事の客観視が出来ていないので、自分が持っている価値観だけで物事を計ってしまうのです。

思い込みをなくすという事は、今の自分とは違う価値観も持つということです。
色々な客観的見方で、色々な角度から物事を計ることによって、思い込みではなくなる可能性をあげるのです。
そのためには、色々な人の価値観に触れる必要があります。


お勧めサイト

アダルトチルドレン克服アダルトチルドレンを克服したい方へ
« 戻る

アダルトチルドレンとは

アダルトチルドレンの原因

アダルトチルドレン特徴

アダルトチルドレン回復方法

アダルトチルドレンの実例